IoT デジタルクロロフィルAセンサー 河川水モニタリング

簡単な説明:

★型番:BH-485-CHL

★ プロトコル: Modbus RTU RS485

★電源:DC12V

★特徴:単色光の原理、寿命2~3年

★用途:下水、地下水、河川水、海水

 


製品の詳細

マニュアル

デジタルクロロフィルセンサークロロフィルAがスペクトルに吸収ピークと発光ピークを持つ性質を利用しています。特定の波長の単色光を発し、水を照射します。水中のクロロフィル A は単色光のエネルギーを吸収し、別の波長の単色光を放出します。色光、クロロフィル A によって放出される光の強度は、水中のクロロフィル A の含有量に比例します。

応用:水生植物の輸入、飲料水源、水産養殖などにおけるクロロフィルAのオンライン監視に広く使用されています。地表水、景観水、海水などのさまざまな水域におけるクロロフィル A のオンラインモニタリング。

アオコhttps://www.boquinstruments.com/bh-485-algae-digital-blue-green-algae-sensor-product/https://www.boquinstruments.com/industrial-waste-water-treatment/

技術仕様

測定範囲 0-500 ug/L クロロフィル A
正確さ ±5%
再現性 ±3%
解像度 0.01μg/L
圧力範囲 ≤0.4Mpa
較正 偏差校正、スロープキャリブレーション
素材 SS316L(普通)チタン合金(海水)
12VDC
プロトコル モドバスRS485
保管温度 -15~50℃
動作温度 0~45℃
サイズ 37mm×220mm(直径×長さ)
保護クラス IP68
ケーブルの長さ 標準10m、100mまで延長可能

ノート:水中のクロロフィル分布は非常に不均一であり、多点モニタリングが推奨されます。水の濁度は50NTU未満です

 


  • 前:
  • 次:

  • BH-485-CHL クロロフィルセンサー取扱説明書

    ここにあなたのメッセージを書いて、私たちに送ってください