IoT デジタル UV COD BOD TOC センサー

簡単な説明:

★型番:BH-485-COD

★ プロトコル: Modbus RTU RS485

★電源:DC12V

★特徴:紫外線原理、寿命2~3年

★用途:下水、地下水、河川水、海水

 


製品の詳細

ユーザーマニュアル

測定原理

オンライン COD センサー有機物による紫外光の吸収に基づいており、254 nmの分光吸収係数SAC254を使用して、水中の可溶性有機物の含有量の重要な測定パラメーターを反映し、特定の条件下でCOD値に変換できます。この方法により、試薬を必要とせずに連続モニタリングが可能になります。

主な特徴

1) サンプリングや前処理なしで直接浸漬測定

2) 化学試薬なし、二次汚染なし

3) 迅速な応答時間と連続測定

4) 自動洗浄機能付きでメンテナンスが少ない

BH-485-COD UV COD センサー 3 588A5081 BH-485-COD UV COD センサー 4

応用

1) 下水処理工程における有機物負荷の常時監視

2) 廃水処理の流入水と流出水のオンラインリアルタイムモニタリング

3) 用途:地表水、工業排水、漁業排水など

CODセンサーの技術パラメータ

測定範囲 0~200mg、0~1000mg/l COD(光路2mm)
正確さ ±5%
測定間隔 最短1分
圧力範囲 ≤0.4Mpa
センサー材質 SUS316L
保存温度 -15℃~65℃
オペレーティング温度 0℃~45℃
寸法 70mm×395mm(直径×長さ)
保護 IP68/NEMA6P
ケーブルの長さ 標準10mケーブル、100mまで延長可能

  • 前:
  • 次:

  • BH-485-COD ユーザーマニュアル

    ここにあなたのメッセージを書いて、私たちに送ってください